2020年から無職だが、2021年二月に緊急小口資金の申請をした。しかし審査に落ちた。申請者はほとんど受理されるといわれるが、自分が落ちてしまうとは

落ちた理由だが、定期的な収入でない株やアフィリエイトなどの成果報酬の減少は、コロナウィルスとの関連性が認められないというもの

市の社会福祉協議会に見せたときは、これで問題ない、受理しましょうといわれ

再審査してほしいということで、再度書類を記入したが、再度不許可

どうもコロナ以前から収入がないというのが判明すると、どうやっても審査には不許可になってしまう。再審査をいらいしても、以前の提出で収入がないのが記録されているので、覆ることはない

どうして聞けないはずの理由を知っているかは、まだ教えられない

とにかく審査にはむちゃくちゃ時間がかかって、落選の通知がくるまで、県に申し込み用紙が受理されてから一か月半もかかった

ともかくコロナウィルス以前から無職だと、ほとんど落ちると思われる。当たり前だが、コロナウィルスで収入が減少したということを審査しているので

申請用紙に虚言を書くなどして提出する手もあるが、おすすめできない。どこでどう調べているか、明らかでないので

それにしても死ぬほど落ち込むな。これは例えではなく、本当に毎日死にたいとおもって苦しんでいる